ホーム > 見学 > 常設展示
常設展示
施設見学の手引き

お知らせ

資料展示室と本多記念室は平成28年5月23日にリニューアルオープンいたしました。

  常設展示
  東北大学金属材料研究所は1916年に創立され、約100年の歴史があります。その歴史の一部を偲ぶことが出来る常設展示を一般に公開しています。

  ・見学可能時間
平日9:00~16:30
  ・受入可能人数
10名程度まで
  ・予約・見学方法等
案内人を希望される場合は、見学希望日の10日程度前までに以下の問い合わせ先までご連絡ください。案内人が不要の場合予約は要りませんが、各施設とも平時施錠等しておりますので、本多記念館入口の窓口(総務課総務係)へお立ち寄りください。
  ・所要時間
15分程度
  ・お問い合せ先
東北大学金属材料研究所 情報企画室広報班
E-mail:
TEL: 022-215-2144  FAX: 022-215-2482

  施設紹介

本多記念館

・施設概要
  「本多記念館」は昭和16年に落成した研究棟を、平成6年に壁面の補強や内装などの改修整備工事を行い、工事に際し玄関ホールや階段周辺の大理石を保存するなどの配慮がなされ、当時の面影を今に残しています。
  当館にある「本多記念室」には、本多博士が生前に使用された各種の実験ノートや様々な写真など博士を偲ぶ遺品の数々が、また、併設の資料展示室には、今日まで金属材料研究所が研究開発し、その指導により企業化されたKS永久磁石鋼をはじめとする各種の新素材やその製品などが常時展示されています。

本多記念室

資料展示室

金属材料研究所1号館ロビー

・施設概要
  大正10年に旧財閥の住友家の支援のもとに完成された東北大学金属材料研究所旧1号館は、磁気測定に配慮して、鉄筋を用いず赤煉瓦とコンクリートのみによる建物でありました。
  現1号館は、昭和62年に建てられたものですが、このような独特の製法による旧1号館の面影を残すため、その壁面の一部を保存しています。

1号館ロビー