研究会・イベント

東北大学金属材料研究所 国際ワークショップ「スペクトロスコピーで切り開く遷移金属化合物研究の最前線」

日時 2014年9月30日(火) - 10月2日(木)
場所 東北大学金属材料研究所 2号館1階 講堂
http://www.imr.tohoku.ac.jp/ja/about/location.html
対象
内容

 スピン・電荷・軌道の電子自由度と格子振動の協奏・競合が顕著である遷移金属化合物は、新規量子相の格好の舞台となっています。銅酸化物や鉄ニクタイド系の高温超伝導や、スピン・軌道相互作用に起因するイリジウム酸化物の異常物性、遷移金属化合物磁性体に見られるスカーミオン状態などはその典型例です。本ワークショップでは、これらの多彩な物性を、先端光源を活用したスペクトロスコピーによって如何に解明するかという議論を集中して行います。今後発展が期待される、放射光や自由電子レーザーを用いた、時間分解型のスペクトロスコピーによる研究の方向性も議論します。なお、講演は全て英語による招待講演で、海外からの講演者も複数予定しています。

 

http://www-lab.imr.tohoku.ac.jp/~hightc/

※プログラムは上記URLにて公開しております。

申し込み 【ワークショップのみ】 不要
【ワークショップ+懇親会】下記メールアドレスまで事前連絡をお願いします。
締切日 2014年9月22日(月)
参加費 【ワークショップのみ】無料  【ワークショップ+懇親会】4,000円
問い合わせ先 〒980-8577
仙台市青葉区片平2-1-1 ワークショップ実行委員会(代表:藤田全基)
e-mail:hightc_attmk_imr.tohoku.ac.jp (_attmk_ を@に変えてください)