プレスリリース・研究成果

〜電子の対を自在に制御〜 磁場と相性の良い超伝導のメカニズムを解明

 東北大学金属材料研究所の青木大教授は、CEA-Grenoble(フランス原子力庁)の研究員ジャンパスカル・ブリゾン(Jean-Pascal Brison)、博士学生ベイルン・ウ(Beilun Wu)らとともに、ウラン化合物強磁性体UCoGeの超伝導発現機構を解明しました。

 超伝導を担っている電子間の対の強さが、磁場とともに大きく変化し、磁場を加える方向によって強められたり弱められたりすることが分かりました。その結果、特定の方向では、磁場によって超伝導が強化されるという、これまでの常識をくつがえす現象が起きていることが分かりました。

 本研究により新しいタイプの超伝導発現機構が明らかになったことで、今後さらに非従来型の超伝導体が見つかることが期待されます。また、磁場に強い超伝導材料が開発されることで、超伝導を利用した新たな製品開発につながることが期待されます。

 本研究の成果は、2017年2月23日(日本時間)付英科学誌「Nature Communications」に発表されました。

 

 詳細1: プレスリリース本文 [PDF:357KB]

 詳細2: Nature Communications ウェブサイト [DOI:10.1038/ncomms14480]

 

磁場によって安定化する強磁性超伝導体UCoGeの相図。磁場を加えると超伝導電子対が強められる。

磁場によって安定化する強磁性超伝導体UCoGeの相図。磁場を加えると超伝導電子対が強められる。