プレスリリース・研究成果

シリコン組成0.73のシリコンゲルマニウム結晶の開発

  シリコン組成0.73のゲルマニウムシリコンの単結晶の育成に成功した。ゲルマニウムシリコン固溶体はバンドギャップや格子定数を制御でき、高速電子デバイスおよび基板材料として、また光センサー、放射線ディテクターなど機能性素子として期待されている。これまで単結晶育成が困難とされていたシリコン組成0.73の結晶を、直径20mm、長さ70mmとして引き上げ法によって育成した。この成果は、日刊工業新聞(3月28日付)、河北新報(5月5日付)で紹介された。
 
末澤グループ (結晶欠陥物性学研究部門)
新素材設計開発施設