プレスリリース・研究成果

理想的な構造と組成均一性を持つ究極のニオブ酸リチウム単結晶の開発

  

結晶材料化学研究部門の宇田 聡教授の研究グループと本学学際科学国際高等研究センターの谷内哲夫教授は、過去200年にわたる「定比化合物」の概念を一新し、あえて欠陥や不純物を結晶に取り込むことにより、育成が容易で定比構造を持つ究極のニオブ酸リチウム単結晶(cs-MgO:LN)の育成に成功しました。本結晶は従来の結晶に比べ均質性、光学特性に優れており、本結晶を用いた波長変換によるレーザー光源は、コンパクトで扱いも簡便であることから、大型ディスプレー用光源や医療、診断、計測用などの純粋緑色光源としての応用が期待できます。本成果は、第57回応用物理学関係連合講演会で報告され、化学工業日報(2010年3月11日付)に紹介されました。

Fig. 1  開発した新規ニオブ酸リチウムの組成   Fig. 2  ニオブ酸リチウム単結晶とその結晶構造

Fig. 1  開発した新規ニオブ酸リチウムの組成

Fig. 2  ニオブ酸リチウム単結晶とその結晶構造