プレスリリース・研究成果

中性子を駆使し、物質科学の新展開へ 中性子物質材料研究センターの設置

  東北大学金属材料研究所(以下金研)は、平成22年4月1日付けで「中性子物質材料研究センター」を設立しました。中性子散乱法は、水素貯蔵物質・燃料電池などの環境材料に重要な役割をはたす酸素・水素などの軽元素や磁性材料での磁気特性を決定している磁気モーメントを精密に観測できるため、機能性材料でおきる現象の本質を理解するうえでかかすことのできない実験手法です。中性子実験ができる場所はかぎられていますが、金研は独自に中性子散乱装置2台を所有しており、中性子による物質科学において長い伝統と実績をもっています。一方、2008年5月には世界最強強度の中性子源をもつ大型施設J- PARC(茨城県東海村)が稼働を開始し、我が国の中性子による物質科学の飛躍のときをむかえました。そこで、金研のこれまでの実績を最大限いかし、さらに物質科学の飛躍へ組織的にとりくむため、本センターを開設いたしました。本センターでは、金研の各センター、各部門、学内の他部局と密接に連携し、特徴ある物質科学研究を推進します。さらに、アジアの研究者とのプロジェクト研究を介して、国際的な物質科学に貢献します。当センター設置のニュースは、日刊工業新聞(2010年4月5日付)11面にも掲載されました。