プレスリリース・研究成果

完全レア・アースフリーFeNi磁石の作製成功論文がネイチャー日本語ウェブサイト「おすすめコンテンツ」で紹介

 東北発 素材技術先導プロジェクト(文部科学省)超低損失磁心材料技術領域の研究代表者、東北大学リサーチプロフェッサー・教授 牧野彰宏らの論文、「人工的に作製したレア・アースフリー天然隕石磁石」が、国際科学雑誌"Scientific Reports"に掲載された論文の中から、アクセス数の高い注目論文として、日本語ウェブサイト「おすすめコンテンツ」に選出・掲載されました。"Scientific Reports"は、年間掲載論文数で10,000を超え、日本人研究者を著者とする場合は、1,000程度の論文が掲載される権威ある科学雑誌です。ネイチャー・パブリッシング・グループ(東京)では、この「おすすめコンテンツ」により日本からの研究成果を、研究分野の方をはじめとして、研究分野外の方、学生の方にも幅広く紹介しています。
 今回の掲載は、2015年11月17日付けで発表(プレスリリース)された論文が、世界的に非常に注目されていることを示していると同時に、希土類に依存しない、日本発、革新的な磁石開発に道を拓いた本研究成果が、より広く認知いただける機会になるものと期待されます。

 

詳細1: プレスリリース本文 [PDF:941KB]

詳細2: Scientific Reports Webサイト おすすめコンテンツ本文

詳細3: Scientific Reports Webサイト [DOI:10.1038/srep16627]

電子顕微鏡による組織観察および電子回折像の観察ならびに計算結果

図:電子顕微鏡による組織観察および電子回折像の観察ならびに計算結果。a, 走査透過型電子顕微鏡-明視野像、 b, 走査透過型電子顕微鏡-エネルギー分散型 X 線分光法による元素マッピング、c, および d, 図5a および b の〇印 は位置から得たナノビーム電子回折(NBD)像、e, 規則度(S)=0.8 をもつL10-FeNi 構造の計算NBD パターン