プレスリリース・研究成果

金属用3Dプリンターを用いた、引張強度と耐食性に優れたハイエントロピー合金の積層造形技術を開発 -従来比1.2倍の引張強度と1.7倍の孔食電位を備えた、複雑な形状部品の試作に成功-

 国立大学法人東北大学(総長:里見 進)金属材料研究所、および、株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭)は、金属用3Dプリンターを用いた、強度と耐食性に優れたハイエントロピー合金(HiPEACE)の積層造形技術を開発しました。従来の手法で金属用3Dプリンターを使用して製造した場合と比較して、1.2倍の引張強度である1300MPaと、耐食性の指標である孔食電位が1.7倍である0.85 V vs Ag/AgClを備え、組成ムラが無く、均質で複雑な形状の部品を製造することが可能です。今回開発した技術を適用し、複雑な形状を有する部品の試作に成功しました。強度と腐食耐性が要求される化学プラントなどの設備用の部品を製造する際に本技術を用いることで、設備の長寿命化や稼働率向上に寄与します。

 

 本成果は、2月14日から18日に米国テネシー州で開催される国際学会TMS (The Minerals, Metals & Materials Society) 2016にて発表され、2月26日の科学新聞および日刊工業新聞に取り上げられました。

 

詳細: プレスリリース本文 [PDF:448KB]

図:試作造形に成功した複雑な形状を有する羽根車 (金属用3Dプリンターで作成)

図:試作造形に成功した複雑な形状を有する羽根車 (金属用3Dプリンターで作成)