プレスリリース・研究成果

磁性材料における異常ネルンスト効果を利用した新規熱電発電技術を考案 FePt/MnGa熱電対列で電圧増大に成功 - 新たな環境発電技術として期待 -

 東北大学金属材料研究所の高梨弘毅教授、桜庭裕弥助教の研究グループは同大学原子分子材料科学高等研究機構の宮﨑照宣教授、水上成美准教授らのグループと の共同研究によって、金属や半導体などの磁性材料において発現する「異常ネルンスト効果」と呼ばれる現象を利用した新たな熱電発電技術を考案し、試験的に 作製した熱電対列において電圧を増大することに成功しました。
( 詳細は本学HP:http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20130228_01.pdf [PDF:805KB])