プレスリリース・研究成果

“壊すことで大きくする”革新的なタンパク質結晶育成法を開発 ~様々なタンパク質の機能解明に期待~

 東北大学金属材料研究所 小泉晴比 古助教、埼玉大学 吉川洋史准教授、大阪大学 丸山美帆子元特任助教(現京都府立大学特任講師および北海道 大学低温科学研究所研究員)、森勇介教授、横浜市立大学 橘勝教授、株式会社創晶らの共同研究グループは、レーザーによる破壊プロセスを用いた、大型タンパク 質結晶育成の革新的技術を開発しました。

 本研究成果により、今後、開発した手法が種々のタンパク質の大型単結晶の作製に応用され、様々な 生命現象のメカニズム解明に役立つことが期待されます。 本研究成果は、「Nature Photonics」誌のオンライン速報版で日本時間2016 年10 月25 日に掲載されました。

 

 詳細1: プレスリリース本文 [PDF:740KB]

 詳細2: Nature Photonics ウェブサイト [DOI:10.1038/nphoton.2016.202]

 

レーザーによるタンパク質(ニワトリ卵白リゾチーム)の結晶成長の促進

レーザーによるタンパク質(ニワトリ卵白リゾチーム)の結晶成長の促進。結晶がレーザーを照射した面の方向に大きく成長しているのがわかる。