プレスリリース・研究成果

磁気の流れを介した新しい磁気抵抗効果を発見-新機能電子デバイス研究開発に道-

 東北大学大学院後期博士課程3年(金属材料研究所)の中山裕康氏(日本学術振興会特別研究員)、東北大学原子分子材料科学高等研究機構の齊藤英治教授 (東北大学金属材料研究所教授、日本原子力研究開発機構先端基礎研究センター客員グループリーダー兼任)、東北大学金属材料研究所のゲリット・バウアー教授(東北大学原子分子材料科学高等研究機構教授兼任)らは、磁気の流れにより発現する新しい磁気抵抗効果を世界で初めて発見しました。

 この成果は、2013年5月17日付の日刊工業新聞に掲載されました。
( 詳細は本学HP:http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20130513_01.pdf[PDF:631KB])