プレスリリース・研究成果

3Dプリンターで原子配列の方向の操作が可能に、医療用コバルト合金で発見 - 国産オーダーメイド人工関節の実現を加速、ジェットエンジン開発も -

 東北大学金属材料研究所の千葉晶彦教授らの研究グループは、金属用3Dプリンターで原子の配列を一方向に揃えられることを、人工股関節等に用いられている 医療用コバルト−クロム合金を用いた実験で発見しました。これにより国産のオーダーメイド人工関節の実現が加速します。この発見は、ジェットエンジン用 タービンブレード等、3Dプリンターを用いた金属製品の開発に重要な影響を与えます。


( 詳細は本学HP:http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20131108_01.pdf[PDF:131KB])