プレスリリース・研究成果

新磁歪材料を共同開発 振動発電・ワイヤレスセンサーの普及加速 ~弘前大学、東北大学、東北特殊鋼~(JST 復興促進プログラム支援プロジェクト)

 弘前大学(北日本新エネルギー研究所古屋泰文教授)、東北大学(金属材料研究所山浦真一准教 授、中嶋宇史助教)、東北特殊鋼株式会社(宮城県村田町、社長山口桂一郎)は、JST(独立行政法人科学技術振興機構)の復興促進プログラムが支援するプ ロジェクトで、振動発電やワイヤレスセンサーの実用化と普及促進が期待される、高性能で量産加工性に優れた鉄基の磁歪材料を共同開発しました。

今回開発した磁歪素材の提示、説明と応用事例(振動発電デバイス、力計測(トルク)センサー)を12月19日13:30より東北大学金属材料研究所2号館1階講堂(仙台市青葉区片平2-1-1)にて報道関係の皆様に公開致します。



( 詳細は本学HP:http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20131213_01.pdf[PDF:264KB])