プレスリリース・研究成果

卓上小型パルス強磁場分光において1ピコ秒の時間分解能を達成

 東北大学とライス大学は共同で、30テスラの強磁場・低温で分光測定が行える卓上型パルス磁場発生装置を開発しました。磁石の小型化により可能になった直 接光学系を採用することで、高波長分解能の分光測定が、従来より1桁高い1ピコ秒の時間分解能で行えるようになりました。
 この成果は、2014年1月10日付の日刊工業新聞、2014年2月7日付の科学新聞に掲載されました。


( 詳細は本学HP:http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/newsimg/tohokuuniv-press_20140108_03.pdf [PDF:692KB])