プレスリリース・研究成果

異常量子ホール効果の量子化則を実験的に検証 -トポロジカル絶縁体を用いた省電力素子の基礎原理確立へ-

 東北大学と、理化学研究所、東京大学は、新物質のトポロジカル絶縁体[(Bi1-xSbx)2Te3]薄膜に磁性元素のクロム(Cr)を添加することで、無磁場でエネルギー損失なく電流が流れる「異常量子ホール効果」の量子化則を観測し、異常量子ホール効果と「整数量子ホール効果」が本質的に同じであることを初めて実証しました。


詳細(プレスリリース本文): http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20140818_02web.pdf  [PDF:552KB]