プレスリリース・研究成果

アモルファス合金ナノワイヤーの磁気センシング -ナノサイズの磁気センサー開発-

 東北大学金属材料研究所の横山嘉彦准教授は、東北大学原子分子材料科学高等研究機構の中山幸仁准教授の研究グループ及び東北学院大学の薮上信教授らとの共同研究により、 ガスアトマイズ法を用いて、磁化されやすい軟磁性の特性をもつアモルファス合金(金属ガラス)から、直径がナノメートルスケールのナノワイヤーを安価に生産し、これを用いてプロトタイプの磁気センサー素子を作製することに成功しました。 さらに、外部の磁場によってインピーダンスが変化する磁気インピーダンス効果を確認しました。今回の研究成果は、磁気センサー素子がマイクロサイズからナノサイズにおいても構築できる可能性を示しています。

 本研究成果は、米国物理協会誌 Applied Physics Letters において、2014 年11 月19 日 (現地時間)に掲載されました。


詳細(プレスリリース本文):http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20141119_02web.pdf [PDF:350KB]

 

※この成果は、2014年12月12日付の科学新聞に掲載されました。