プレスリリース・研究成果

高効率モータの世界最高水準の省エネ性を実証

 東北大学「東北発 素材技術先導プロジェクト」(文部科学省)の超低損失磁心材料技術領域(研究代表者 東北大学 牧野彰宏教授)は、パナソニック株式会社 モノづくり本部(本部長 野村 剛常務取締役)と共同で、世界で初めて新ナノ結晶合金NANOMET®を用いたモータを試作し、その省エネルギー性の実証に成功しました。NANOMET®をモータに適用した場合、その高飽和磁束密度、低鉄損の特徴から、家電製品の消費電力削減が期待されていました。試作したモータは直径約70mm、高さ約50mmで、ステータ(固定子)にNANOMET®を使用しています。今回の試作では、モノづくり面の工夫でモータ構造を大きく変えることなく、従来の電磁鋼板(ケイ素鋼板)を使用したモータに比べ大幅に電力損失が削減できることを確認致しました。この結果を踏まえ、東北大学では、NANOMET®を実際の家電製品に適用した場合、3%以上の効率改善が見込まれ、世界最高水準の高効率モータが実現可能であると試算しています。

 東北大学は、本研究開発の趣旨、すなわち、「東北大学が生み出した特異な自己組織化ナノヘテロアモルファス構造の結晶化を利用し、極限まで低い磁心損失を実現しうる革新材料としての超高鉄濃度ナノ結晶軟磁性合金(NANOMET®)の創成に対する研究開発を行うとともに、同合金を使用した各種モータやトランスの実証を通じて、現状の電力損失を70%以上削減する『省電力』を達成する」の一環として、この度のパナソニックとのNANOMET®を用いた家電用モータの共同研究を継続して省エネルギー家電製品の実用化を目指し、ひいてはモータやトランス等の省エネルギー化を推進して、昨今のエネルギー問題解消に寄与できるものと考えています。

 

詳細(プレスリリース本文):http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20141217_01.pdf [PDF:279KB]

 

※この成果は、2014年12月18日付の日刊工業新聞、日本経済新聞、河北新報に掲載されました。