プレスリリース・研究成果

世界で初めて超強力磁場中の軟X線分光実験を実現 - レアアースを低減した高性能磁石開発を加速 -

東北大学は、高輝度光科学研究センター(以下「JASRI」)、東京大学物性研究所などと共同で、大型放射光施設SPring-8の軟X線固体分光ビームラインBL25SUにおいて、21テスラ(=21万ガウス)の超強力磁場を用いた軟X線分光実験に世界で初めて成功し、強力なネオジム磁石を含むほぼ全ての実用磁気材料について軟X線磁気円二色性(MCD)による磁気分析を可能にしました。  

 今回開発した計測技術を用いると、ネオジム磁石の成分として用いられるジスプロシウム(Dy)などの価格が高騰するレアアースが磁石中で担う役割を解明することにつながり、レアアースを代替する安価な元素(ユビキタス元素)を見出す研究の進展が期待されます。  

 本成果は、東北大学の鳴海康雄 准教授、JASRIの中村哲也 主幹研究員、東京大学の金道浩一 教授らの共同研究で得られたもので2011年5月24日に日本応用物理学会の英文雑誌「Applied Physics Express (APEX)」オンライン版に掲載されました。

(詳細は本学HP: http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20110530_1.pdf