プレスリリース・研究成果

高結晶性と大比表面積を併せ持つオープンセル型ポーラス炭素を開発 -現行エネルギーデバイスの高性能化と次世代エネルギーデバイスの開発促進-

 国立大学法人東北大学金属材料研究所の加藤秀実教授(非平衡物質工学研究部門、先端エネルギー材料理工共創研究センター兼任)は、TPR工業株式会社、および、電気機器メーカー1社と共同で、黒鉛に匹敵する高い化学薬品耐性、高導電性に加えて、大比表面積を併せ持つオープンセル型ポーラス炭素の開発に成功しました。この成果は、マンガン炭化物がビスマス金属溶湯中において、マンガン原子を溶出しやすく、炭素原子を溶出し難い性質を利用した脱成分反応という独自の技術によるものです。 本発明は、電気二重層キャパシタ、リチウムイオン蓄電池、燃料電池等の実用エネルギーデバイスの更なる高性能化はもちろんのこと、空気電池や全固体電池など次世代型エネルギーデバイスの開発促進に大きく貢献するものと期待されます。更にこの高結晶性ポーラス炭素は、ガスや液体などの優れた物質輸送性にも期待されます。これは大きさが数nm~数百nmのメソ-マクロ孔が共連続的に連結する特異なポーラス構造を有するためです。

 本成果は、2015年12月4日付けの日経産業新聞に掲載され、2016年1月号 Carbon (Elsevier)96巻 に掲載されます(2015年9月28日付でオンライン掲載済)。

 

詳細1: プレスリリース本文 [PDF:823KB]

詳細2: Carbon Webサイト [DOI:10.1016/j.carbon.2015.09.093]

 

 

図:開発した高結晶性オープンセル型ポーラス炭素粉末の外観写真