プレスリリース・研究成果

東北大学発ベンチャー「東北マグネット インスティテュート(TMI)」設立 ~革新的ナノ結晶合金ナノメット®の成果を活用した事業化展開~

 東北大学では、牧野 彰宏教授(東北大学リサーチプロフェッサー)が開発した、革新的軟磁性合金 ナノメット®の研究開発を文部科学省による東北発素材技術先導プロジェクト、さらに共同研究開発及び事業化を東北大学ビジネスインキュベーションプログラム(BIP)において支援してまいりました。
 このたび、これら研究成果を基に、11月5日付で株式会社東北マグネット インスティテュートが設立されたことをお知らせいたします。

株式会社東北マグネット インスティテュートは、産業競争力強化法に基づく官民イノベーションプログラム(文部科学省・経済産業省)で設立された東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社が運営するファンド及び、民間企業5社(アルプス電気(株)、NECトーキン(株)、JFEスチール(株)、パナソニック(株)、(株)村田製作所)の出資(設立時出資金6億円)を受け設立されました。
革新的軟磁性合金は、家電・産業用等の電気製品において、電気‐磁気変換用として従来用いられてきた電磁鋼板(ケイ素鋼板)に代替可能な新素材であり、電磁鋼板に対して、変換時のエネルギー損失を1/2~1/4に低減できる画期的な金属材料です。
本合金はトランスやモータといった製品に利用され、大幅なエネルギー消費の削減に寄与するものと期待されています。
株式会社東北マグネット インスティテュートは、ナノメット®の性能を更に向上させ、かつ生産性を高めた革新的ナノ結晶合金の開発・実用化及び製造販売を行います。
そして、出資民間企業5社がこれらの薄帯や粉末を使用した製品の開発に当たります。

 

詳細:東北大学webサイト http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2015/11/press20151116-01.html