プレスリリース・研究成果

破損やアレルギーの懸念が少ない脊椎内固定器具 製造販売承認を取得 ―「いわて発高付加価値コバルト合金:COBARION®」の新たな実用化例―

 国立大学法人東北大学金属材料研究所の千葉晶彦教授、山中謙太助教ら研究グループが開発した「いわて発高付加価値コバルト合金:COBARION®」を用いた脊椎内固定器具が、医療機器製造販売承認を受けました。コバルト合金は、強さと硬さ、そして優れた耐食性・耐摩耗性を兼ね備えていることから、人工関節や歯科材料等、様々な医療用デバイス、インプラントに使用されています。今回器具に使用した「COBARION®」はヒトの金属アレルギーの主原因ともいわれるニッケルの含有量を極限まで低減したため、アレルギーの懸念が少ない金属素材であることが最大の特徴です。今回の販売認証を受け、今後「COBARION®」の生体材料としての使用拡大が期待されます。本研究開発は厚生労働省「革新的医療機器創出促進等臨時特例交付金」を財源に、東北大学金属材料研究所、岩手医科大学(学長:祖父江 憲治)、センチュリーメディカル株式会社(代表取締役:茂谷 貴彦)が参画した「岩手県革新的医療機器等開発事業」を通して行われました。開発された脊椎内固定器具には株式会社エイワ(代表取締役社長:佐々木 政治)で製造されたコバルトクロム合金素材(COBARION®)が用いられています。

 詳細1: プレスリリース本文 [PDF:575KB]

 

 

今回販売承認された脊椎内固定器具(写真提供:センチュリーメディカル株式会社)

今回販売承認された脊椎内固定器具(写真提供:センチュリーメディカル株式会社)