レポート

量子エネルギー材料科学国際研究センター:原子力に関する若手人材育成の取り組み を開催しました。

 附属量子エネルギー材料科学国際研究センター(以下:大洗センター)では、毎年夏に原子力人材育成の取り組みを行っており、その模様が新聞2社に掲載されました。

 平成27年8月、大洗センターでは、日本原子力研究開発機構、日本核燃料開発株式会社、日本原子力発電株式会社の協力を得て、「大洗原子力夏の学校」(8/3-8/7)と「高等専門学校学生原子力インターンシップ」(8/24-8/28)を実施しました。大学生、大学院生、社会人を対象とした「大洗原子力夏の学校」には、全国の大学等から37名が参加し、一週間に渡る講義や実習の詳細は原子力産業新聞(2015年9月2日付)に掲載されました。また「高等専門学校学生原子力インターンシップ」には、全国の高専から物質工学や機械工学を学ぶ学生22名の参加があり、茨城新聞(2015年8月27日付)に掲載されました。

 

※大洗センターでは、経済産業省「安全性向上原子力人材育成委託事業」の一環として、これらの原子力人材育成に関する取り組みを行っております。

photo thumbnail
大洗原子力夏の学校:集合写真
photo thumbnail
大洗原子力夏の学校:アーク炉実習の様子(東北大学)
photo thumbnail
大洗原子力夏の学校:透過電子顕微鏡実習(東北大学)
photo thumbnail
大洗原子力夏の学校:模擬デブリSEM観察(日本核燃料開発株式会社)
photo thumbnail
大洗原子力夏の学校:水ループ設備の運転体験(日本原子力発電株式会社)
photo thumbnail
高専インターンシップ:集合写真
photo thumbnail
高専インターンシップ:3次元アトムプローブ見学実習(東北大学)
photo thumbnail
高専インターンシップ:「常陽」 オンサイト講義(日本原子力研究開発機構)
photo thumbnail
高専インターンシップ:受講生成果発表会