レポート

青森県立八戸北高等学校による所内見学が行われました。

 2016年8月4日、青森県立八戸北高等学校2年生44名が金研見学のため来所しました。

 副所長の今野豊彦教授による本所概要の説明の後、4班に別れて研究室およびセンターをまわりました。

 各班は磁気物理学研究部門(野尻研)不定比化合物材料学研究部門(今野研)新素材共同研究開発センター計算材料学センターの4つの研究室・センターをまわり、初めてみる大きな研究機器に見入ったり、研究者の仕事と今の勉強のつながりについても真剣に聞いていました。

 見学前は金研で行われている研究の具体的なイメージがわかず、材料研究にあまり興味がわかないと応えた生徒のみなさんも、見学後には「材料研究に興味がわいた」「もっと研究や金研について知りたくなった」との感想を頂き、大変有意義な見学となりました。

photo thumbnail
今野豊彦副所長による金研概要
photo thumbnail
野尻教授から研究者の仕事について(野尻研)
photo thumbnail
透過電子顕微鏡(TEM)でみえるものとは(今野研)
photo thumbnail研究機器に興味津々(新素材共同研究開発センター)
 
photo thumbnail
スーパーコンピューターによるシュミレーションでわかること(計算材料学センター)