採用情報

計算物質科学人材育成コンソーシアム 特任助教 公募

公募人員 特任助教 1名
(東北大学は、男女共同参画を推進しています。子育て支援の詳細等、男女共同参画の取り組みについては下記URLをご覧ください。URL: http://www.bureau.tohoku.ac.jp/danjyo/) 
所属

・主たる勤務先(主所属)

東北大学 金属材料研究所(〒980-8577宮城県仙台市青葉区片平2-1-1)

・クロスアポイントメント制度もしくは長期滞在による第二勤務先候補

1.東京大学物性研究所

2.自然科学研究機構分子科学研究所

3.大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター

のいずれか(詳細は、3機関との協議により決定します。)

研究分野

計算材料科学(材料科学・物性科学・分子科学・材料デザインを中核とする計算科学分野でハイパフォーマンス・コンピューティング技術を駆使した研究)

公募資格

・平成27年(2015年)4月1日に、博士号取得後10年以内(注1)で、かつ40歳未満の方 (注2 )。

・対象とする分野において、十分な研究能力・教育能力を有する方。

・国際的に通用する英語によるコミュニケーション能力を有し、英語による教育および指導が可能な方。

・平成28年(2016年)3月末日までに着任可能な方

※注1: 産前・産後休暇および育児休暇を取得した方は、その取得期間を除いて10年以内。

※注2: 文部科学省の科学技術人材育成のコンソーシアム(平成27年度採択)の構築事業による補助対象のため。

着任時期

2016年1月1日 (遅くとも2016年3月末までに着任可能であること。)

任期 2016年1月1日-2020年3月31日 
待遇等

・国立大学法人東北大学特定有期雇用職員就業規則の適用を受ける特任助教(任期付常勤職員)として採用し、国立大学法人東北大学職員給与規程に基づき、上限600万円の年俸制にて給与を支給します。

・スタートアップ研究費(当初2事業年度・各年上限400万円)を措置します。

・研究支援人材(博士研究員)1名の雇用が可能です。

・研究活動を主目的とするために、研究エフォートは70%以上とします。

・各種の研究支援プログラムに参加いただけます。

※スタートアップ研究費については、国の予算の関係により減額となる場合があります。

公募締切 2015年10月15日(木)17:00(日本時間)必着
提出書類

(1)履歴書(写真貼付)

(2)業績説明 (A4用紙2頁以内)

(3)着任後の研究計画 (A4用紙2頁以内)

(4)業績リスト(原著論文、国際会議プロシーティングス、著書・解説、招待講演、その他。主要論文3編に丸印をつけてください。)

(5)主要論文3編の別刷り 各2部

(6)照会可能者2名の氏名と連絡先

(7)博士学位授与証明書又は学位記の写し

送付先

〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1
東北大学金属材料研究所 計算物質科学人材育成コンソーシアム

※封筒表面に「計算物質科学人材育成コンソーシアム 特任助教 公募書類在中」と朱書きし、必ず書留にて郵送してください。

※応募書類の返却はいたしませんのでご了承ください。

※履歴書は本応募の用途に限り使用し、個人情報は正当な理由なく第三者へ開示することは一切ありません。

選考方法

・東北大学金属材料研究所の選考委員会及び計算物質科学人材育成コンソーシアムの選考委員会にて、書面審査と面接を行い、採用内定者を決定します。

・応募に要する経費については、原則として申請者の自己負担とします。

選考結果等

選考結果については、全応募者に電子メールにて通知します。

ホームページ

・ 計算物質科学人材育成コンソーシアムWebサイト

※その他の詳細については、必ず以下をご確認ください。

計算物質科学人材育成コンソーシアム 次世代研究者育成(公募情報)

公募要領詳細PDF [120KB]

問い合わせ先

計算物質科学人材育成コンソーシアム事務局

特任准教授 寺田 弥生

E-mail:terada_at_imr.tohoku.ac.jp (_at_ を@に変えてください)