ニュース

内田健一准教授が科学技術・学術政策研究所「ナイスステップな研究者」に選定

量子表面界面科学研究部門の内田健一准教授が、科学技術・学術政策研究所「ナイスステップな研究者」に選ばれました。

 

科学技術・学術政策研究所では、2005 年より科学技術への顕著な貢献した方々を「ナイスステップな研究者」として選定しています。 その名称は、すばらしいという意味の「ナイス」と、飛躍を意味する「ステップ」を組み合わせ、科学技術・学術政策研究所の略称 「NISTEP(ナイステップ)」にからめて名づけられました。

2015 年は、科学技術・学術政策研究所の調査研究活動や専門家ネットワーク(約2,000 人)への調査をとおして明らかとなった研究者の業績について、研究、産学連携及び研究支援等の観点から、特にその成果が顕著であり、科学技術イノベーションに貢献する注目すべき11 名が選定されました。

 

今回、内田准教授は「スピンゼーベック効果の発見と新機能エネルギー変換デバイス原理の実証」に関する研究業績が評価され、選定に至りました。

 

科学技術・学術政策研究所ウェブサイト
「科学技術への顕著な貢献2015(ナイスステップな研究者)」の選定について