所長挨拶

所長 ご挨拶
金属材料研究所所長
高梨 弘毅

本研究所、すなわち“金研(KINKEN)” は、1916年に臨時理化学研究所第2部として産声を上げ、2016年に百周年を迎えました。東北大学に現在6つある研究所の中で最初に創立され、全国の国立大学附置研究所の中でも最も古い歴史を有する研究所の一つです。本研究所の理念は“金属をはじめ、半導体、セラミックス、化合物、有機材料、複合材料などの広範な物質・材料に関する基礎と応用の両面の研究により、真に社会に役立つ新たな材料を創出することによって、文明の発展と人類の幸福に貢献する” ことであり、その理念の実現のために“材料科学に関する学理の探求と応用研究” を目的としています。

設立当初は鉄鋼の研究が中心でしたが、その後鉄鋼から金属・合金全般へと研究領域を広げ、さらには非金属をも含む物質・材料全般をカバーする基礎および応用研究の世界的中核拠点に発展しました。1987年には東北大学に附置したままで全国共同利用型の研究所に改組され、その際、英語名を“Institute for Materials Research” と改称しました。このことは、研究対象が金属のみならず物質・材料全般に拡大したことを明確に示しています。また、2009年には材料科学共同利用・共同研究拠点に認定され、新たな枠組みを構築し、物質・材料研究のさらなる推進と人材育成に努めています。

材料科学の発展とともに、20世紀には、物質文明の要となる新しい材料が次々に研究・開発され、人間生活に予想もしなかった便利さをもたらしました。本研究所も、それに少なからず貢献してきました。初期の頃には、初代所長である本多光太郎博士の指導の下、当時世界最強の磁石であるKS 鋼が発明され、本研究所の名前は世界に知られることとなりました。また、鉄炭素合金の物理冶金学的研究から良質な鉄鋼を製造する技術を開発し、日本の鉄鋼業に多大な貢献をするとともに、特殊鋼や精密機器用材料など多くの実用材料の開発にも成功しました。その一方で、応用開発のための基礎研究にも力を入れ、強磁場や極低温の技術を日本でいち早く確立して、物質の磁性、超伝導、光物性や極微細構造評価などの先駆的研究を行うとともに、当時本研究所にしかなかった液体ヘリウムを全国共同利用に供するなど、我が国の学術の発展にも大きく貢献しました。

基礎と応用、理学と工学の連携・融合は本研究所の重要な特長であり、広い視野から物質を探求しつつ常に実学に帰する姿勢は、本多光太郎博士以来の“金研精神” と言うことができます。近年では、特異な構造を有するアモルファス金属やそれを発展させたバルク金属ガラス、ナノ結晶合金や準結晶、あるいはさまざまな多元系金属間化合物やナノからマクロまでマルチスケールで組織・構造制御した金属材料、各種酸化物、セラミックス、さらには各種の半導体材料、太陽電池用結晶、燃料電池材料、水素吸蔵材料、原子力材料、生体材料、スピントロニクス材料、強相関材料、光デバイス材料、有機材料など、これまでとは違った新しい物質・材料のジャンルを切り拓き、高性能・高品質で多機能な材料を開発して今日の科学技術の向上に貢献していますが、これも“金研精神” の証と言えるでしょう。

21世紀は、20世紀とは異なり、資源・エネルギーの枯渇や、温暖化などの地球規模の環境問題が待ったなしの喫緊の課題となっています。物質・材料の研究においても、持続可能な社会の実現と地球環境の保全を常に念頭に置く必要があります。本研究所は、その理念にありますように、“真に社会に役立つ新たな材料を創出することによって、文明の発展と人類の幸福に貢献する” ことを目指し、パラダイムシフトをもたらす革新的な材料科学に取り組んでいきます。同時に、そのような研究を担う人材の育成にも注力していきます。

現在は世界的なグローバル化や大学改革の流れの中で本研究所を巡る環境も刻一刻と変化しており、百周年を迎えた本研究所も大きな転換期を迎えています。設立以来培われてきた“金研精神” を基礎として、新たな100年に向けた発展を期し、努力していく所存です。

皆様のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

金研とは