所長挨拶

所長 ご挨拶
金属材料研究所所長
古原 忠

金属材料研究所、通称 ”金研(KINKEN)” は、日本の国立大学附置研究所の中で最も古い歴史を有する研究所の一つで、1916年に東北大学の6つの附置研究所の中で最初に創立され、2016年に100周年を迎えました。本研究所では、 “金属をはじめ、半導体、セラミックス、化合物、有機材料、複合材料などの広範な物質・材料に関する基礎と応用の両面の研究により、真に社会に役立つ新たな材料を創出することによって、文明の発展と人類の幸福に貢献する” ことを理念とし、その実現のために“材料科学に関する学理の探求と応用研究” を目的としています。

金研の研究は、設立当初は鉄鋼が中心でしたが、その後他の金属・合金へと急速に領域を拡大し、時代の変化と日本経済の発展に対応して半導体やセラミクスなどの非金属をも含めた物質・材料全般について基礎および応用をカバーするに至り、1987年にそれまでの英語名 “Research Institute for Iron, Steel and Other Metals(RIISOM)”から現在の“Institute for Materials Research(IMR)”へと改称しました。金研初代所長の本多光太郎先生の発明によるKS磁石を始めとして、センダスト合金、SiCファイバー、軟磁性アモルファス合金など、多くの実用材料を社会に送り出すとともに、新材料開発に重要な基礎研究も推進し、物質の磁性、超伝導、光物性や極微細構造評価などで先駆的研究を行い、材料研究の世界的中核拠点へと発展してきました。

金研の特徴は、研究における基礎と応用、理学と工学の融合にあります。また、照射材料試験施設、強磁場環境、スパコン利用など世界有数の大型施設利用から新素材の創製・評価などを始めとした幅広い材料研究を行う環境を提供することで、国内外の研究者が集まって金研の研究者とともに共同研究を行うことができます。金研は、早くから液体ヘリウムや材料照射などの共同利用で国内外コミュニティの研究活動に共同利用研究を通じて貢献し、1987年の英語名改称とともに、東北大学に附置したまま全国共同利用型の研究所に改組されました。国立大学の法人化後は、2009年に材料科学共同利用・共同研究拠点に、さらに2018年にはGIMRT-材料科学国際共同利用共同研究拠点に認定され、世界における物質・材料研究のハブ拠点として新たな仕組みを構築して一層の研究推進と次世代の人材育成に尽力しています。また本多先生の言葉にある「産業は学問の道場なり」という金研精神を継承し、産学連携、技術者育成などの活動を推進しています。

私たちの社会は、21世紀に入って、資源枯渇、エネルギーの安定確保、温暖化など地球環境の変化、大規模災害、新たな環境汚染など、多くの解決すべき課題に直面しています。社会基盤の構築、安全で高効率なエネルギー創生、資源戦略を踏まえた素材開発など、「持続可能社会の実現」のために物質・材料研究が担うべき役割は大変大きいのは間違いありません。日本の基幹産業であるものづくりの国際競争力を支えるとともに、より困難な課題解決のためのグローバルな連携も行なっていく必要があります。

金研は、変化する社会的要請の中で、数多くの新素材を創出し社会に送り出してきました。今後とも、「エネルギー」「安心・安全空間」などをキーワードに、現在そして10年、20年先の近未来に資する研究に注力するとともに、次の100年を見据えたパラダイムシフトをもたらす革新的な材料科学にも取り組み、持続可能社会の実現と人材育成に貢献して参ります。

今後とも、皆様のご支援・ご協力をいただきますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

金研とは