研究支援組織

アルファ放射体実験室

白崎謙次

室長・講師白崎 謙次

核燃・RI を含む材料科学の安全な研究基盤を目指して

約170種類の放射性同位元素(RI)、および核燃料物質 の使用が可能であり、アクチノイド化合物の物理的・化学 的性質の研究、陽電子寿命測定装置、電子顕微鏡等を用い た各種材料の照射効果の研究が行われています。

特に医療用アルファ線源に関して、国内で唯一のTh-229 (U-233由来)からのミルキングによるAc-225の供給施 設となっています。また、ウラン金属間化合物の単結晶引 き上げ用テトラアーク炉、物理特性測定装置(PPMS、磁場 9T)が設置され、調製から測定までの一連の研究が実施で きる環境を備えております。近年、TEMが再配備され、材 料照射効果研究設備の充実も図られております。

大学として随一の超ウラン元素の取扱量を誇る量子エ ネルギー材料科学国際研究センター(大洗センター)とも 連携して、材料照射効果やアクチノイド化合物の物理的・ 化学的研究の国内外の有力拠点として共同利用等による 研究者に研究環境を提供しています。

放射性同位元素(RI)、核燃料物質、アクチノイド化合物
強磁性スピン揺動によって超伝導が誘起される強磁性体 UCoGe の磁場対温度相図

強磁性スピン揺動によって超伝導が誘起される強磁性体 UCoGe の磁場対温度相図。通常のタイプ II 超伝導体(左)とは対照的に、UCoGeにおいては(右)、外部磁場がゼロでも、超伝導渦糸状態(自己誘導渦糸状態)が存在している。

金研とは