材料プロセス・評価研究部

アクチノイド物質科学研究部門

Dai AOKI

教授青木 大

  • 准教授 本多 史憲
  • 助教 李 徳新
  • 助教 本間 佳哉

アクチノイド・希土類を含む物質が示す重い電子系の物理

本部門は、ウランやトリウムといったアクチノイド元素や希土類元素を含む化合物の純良単結晶育成および新物質開発を行っています。育成した化合物の精密な結晶構造、比熱、磁化といった基礎的な物性を調べ、純良な化合物についてドハース・ファンアルフェン効果測定などの量子振動を調べることで金属の本質であるフェルミ面の性質とそのフェルミ面が新奇な物性とどのように関係するかを探索しています。さらに、極低温、強磁場、超高圧といった複合極限環境下で精密測定を通じて、これまでにないような新現象の発見、新しい物理の解明を目指しています。このようにアクチノイド元素を使って物性を調べ尽くすことができる施設は国内はもとより世界でも類を見ません。

アクチノイド、電子系、重い電子系、超伝導体、磁性体
チョクラルスキー法による強磁性超伝導体の純良単結晶育成

ネプツニウム化合物で初めての超伝導体 NpPd5Al2

チョクラルスキー法による強磁性超伝導体の純良単結晶育成

チョクラルスキー法による強磁性超伝導体の純良単結晶育成

金研とは