物質創製研究部

非平衡物質工学研究部門

Hidemi KATO

教授加藤 秀実

  • 准教授 和田 武
  • 助教 ジュウ スウ ヒョン

非平衡プロセスを利用した新規機能材料開発

我々の研究室では、急冷などに代表される非平衡プロセスを用いて、通常の金属材料とは全く異なった内部構造を有する金属ガラスやその複合材料、多孔質材料などの開発研究を行っています。その特異な内部構造によってこれらの非平衡材料には様々な新機能を付与することができます。金属ガラスとは液体状態の不規則原子配列であるガラス構造を、急冷によって室温まで凍結させて得られる金属材料です。その非晶質構造に起因して、優れた機械的特性、高耐食性、磁気特性を発揮します。“ガラス”の呼び名の通り、融点よりもかなり低い温度において過冷却液体状態となり、その粘性流動特性によって“ガラス細工” のように、精密かつ繊細な加工を施すことができます。また、金属ガラスの合金開発研究において蓄積した知見を基にして、ナノ多孔質材料作製のための新規脱成分法を開発し、その基礎的物性解明や応用の研究も行っています。

金属ガラス、過冷却液体、ナノポーラス金属、脱成分反応
Pd 基金属ガラスおよびナノポーラスシリコンの電子顕微鏡像

(左)Pd 基金属ガラスの過冷却液体インプリントにより作製したX 線画像診断用回折格子、(右)新規脱成分反応技術により作製 したナノポーラスシリコンの電子顕微鏡像

金研とは