物質創製研究部

生体材料学研究部門

Tetsu ICHITSUBO

教授市坪 哲

  • 准教授 岡本 範彦
  • 助教 谷村  洋

組織構造制御で新機能を発現する 新材料の開拓

材料組織学、熱・統計熱力学、微視的弾性力学、電気化学、構造解析などの学問に基づき、材料組織構造を制御することにより新たな機能性( 力学特性、電気的あるいは光学的性質)などを発現する新素材を研究開発することを目指しています。

当部門の現在の名称は「生体材料学研究部門」です が、将来的には、構造制御機能材料に関する研究部門に変更し、材料組織学、熱・統計熱力学、微視的弾性力学、 電気化学などの学問や、X 線や電子線やフェムト秒レー ザー、超音波共鳴法などの手法に基づいて「材料組織構造を制御することにより新機能を発現する材料開発」を目指します。

具体的には、固体- 固体相構造相転移の組織形成ダイナミクスの解明と外場印加による組織制御に 関する研究、メガヘルツ振動を用いた金属ガラスのベー タ緩和機構の解明とガラスの構造不均一性に関する研究、蓄電池系における電極材料組織学の構築、光誘起相 変化材料の高速アモルファス化機構の解明、ニッケル基 超合金やチタン合金などの相転移を利用した材料設計 等、種々の相転移現象を研究対象にし、新たな機能性を 発現する新素材を分野横断的に研究開発する事を目指していきます。

相転移と歪、非晶質材料、マイクロメカニクス、電極材料学
金属ガラスのβ緩和と共鳴する超音波振動下での結晶化組織と構造不均一性およびそのフォノン分散概略図

左)金属ガラスのβ緩和と共鳴する超音波振動下での結晶化組織と構造不均一性およびそのフォノン分散概略図。(右)マグネシウム蓄電池用正極 材料MgCo2O4 にMg が挿入されたときに起こるスピネル- 岩塩構造相転移。

金研とは