物質創製研究部

ランダム構造物質学研究部門

Kazumasa SUGIYAMA

教授杉山 和正

  • 准教授 奥部 真樹
  • 助教 川又 透

ランダム系物質科学

金属ガラス、半導体およびセラミックスなどに代表される機能性材料の特性は、ホスト構造の平均原子配列と密接な関係があります。最近では、ホスト構造に特殊な 構造要素を導入することによって高度に制御した機能性材料が注目を集めています。

我々は、先端のX線技術を駆使した新しい構造評価法の開発を通じて、複雑な構造を有する機能性材料の原子配列をマルチスケールに評価し、特性発現機構の解明とその成果に基づく機能性材料の創製を目指します。

最近の主な研究課題としては、1)多成分非晶質材料の精密構造解析、2) 複雑な金属結晶群に存在するアトムクラスターの解析、3)数ナノメータサイズの空隙構造をもつマイクロポーラス物質への有機分子の配列制御、4)複雑酸化物結晶材料の探索と発光材料の開発などがあげられます。

X線異常散乱、不規則ランダム構造、放射光、準結晶、単結晶構造解析
シンクロトロン放射光を用いた環境構造解析装置

シンクロトロン放射光を用いた環境構造解析装置

χ-AlPdRe に存在する擬マッカイクラスター

χ-AlPdRe に存在する擬マッカイクラスター

金研とは