材料設計研究部

原子力材料物性学研究部門

秋山 英二 写真
教授 秋山 英二
助教 北條 智彦

水水素の金属材料物性への影響の探索とそれを応用した新規な測定法や機能性材料の開発

本部門では、金属材料物性に及ぼす水素の影響や、放射線と材料との相互作用を利用した材料物性の研究を行っています。腐食反応が引き起こす水素侵入と金属の水素脆化挙動、セラミックス材料の動的照射効果、水素同位体挙動などを解明し、過酷環境下での材料信頼性を高める研究を進めています。

水素侵入挙動、水素濃度が水素脆化による破壊に及ぼす効果や微細組織の影響を、水素チャージした試験片の引張試験、水素昇温脱離分析や水素可視化技術を用いた水素分布観察により検討しています。また、核融合炉の燃料である水素同位体のふるまいや、新規な燃料電池の開発のため、プロトン電導性酸化物やポリマーの電気電導機構の解明を試みています。

水素脆化、電気化学、放射線効果、イオンビーム、水素
種々の高強度鋼の拡散性水素量と破断応力の関係

種々の高強度鋼の拡散性水素量と破断応力の関係

プロトンビーム照射下における各種セラミックスの発光

プロトンビーム照射下における各種セラミックスの発光。各発光は不純物元素のエネルギー遷移に依存しており、青、黄、赤はそれぞれEu2+、Mn2+、Cr3+ に起因する。

金研とは