材料設計研究部

原子力材料物性学研究部門

Eiji AKIYAMA

教授秋山 英二

  • 助教 北條 智彦

水素の材料物性への影響の解明と 耐環境材料設計

本部門では、建築・土木、自動車や原子力材料などに 用いられる構造材料に侵入した微量水素が引き起こす水 素脆化について、水素が金属組織内で及ぼす役割や、腐 食反応による水素侵入挙動を解明する研究をしています。 また、材料の安心・安全のため、それらを踏まえた水素 脆化特性評価法開発と、耐環境特性に優れた材料の開発 に取り組んでいます。

金属中の水素濃度や金属の微細組織、環境からの水素 侵入が水素脆化に及ぼす効果を、水素チャージした試験 片の機械的試験、水素昇温脱離分析、引張試験中のひず み誘起変態による放出水素のモニタリングや水素可視化 技術、電気化学的手法を用いて検討しています。さらに、 水素の金属中での役割を利用した、新しい組織制御法の 開拓にも取り組んでいます。

構造材料、水素脆化、腐食、電気化学、水素
種々の高強度鋼の拡散性水素量と破断応力の関係

種々の高強度鋼の拡散性水素量と破断応力の関係

真空チャ
ンバー中の引張試験装置

応力/ひずみ誘起マルテンサイト変態に伴って放出される水素 を4 重極質量分析器によってモニタリングするための真空チャ ンバー中の引張試験装置

金研とは