材料設計研究部

計算材料学研究部門

Momoji KUBO

教授久保 百司

  • 助教 尾澤 伸樹
  • 特任助教 大谷 優介
  • 特任助教 許 競翔

計算科学シミュレーションによるエネルギー・環境問題の解決と安全・安心社会の実現

エネルギー・環境問題の解決、安全・安心社会の実現のためには、航空・宇宙機器、トライボロジー、太陽電池、燃料電池といった多岐にわたる研究分野において高機能・高性能材料の開発が必須です。特に、超精密化、超小型化が急速に進む近年の材料技術は、「化学反応、摩擦、衝撃、応力、流体、光、電子、熱、電場、磁場」などが複雑に絡みあったマルチフィジックス現象であることが知られています。そこで本研究部門では、世界に先駆けて、第一原理分子動力学法、Tight-Binding分子動力学法、粗視化分子動力学法などに基づく多様なマルチフィジックス計算科学シミュレーション技術を開発し、理論に基づく高精度かつ高速な材料開発の実現に向けて研究を推進しています。特に、本所の誇るスーパーコンピュータ日立SR16000システムを活用することで、超大規模・超高速シミュレーションの実現を可能としています。

計算科学シミュレーション、マルチフィジックス現象、材料設計、低炭素社会、安全・安心社会
電子・原子レベルのシミュレーションによ る宇宙機器の材料設計

電子・原子レベルのシミュレーションによる宇宙機器の材料設計

電子・原子レベルのシミュレーションによ る太陽電池の材料設計

電子・原子レベルのシミュレーションによる太陽電池の材料設計

金研とは