材料物性研究部

結晶物理学研究部門

Kozo FUJIWARA

教授(兼)藤原 航三

  • 准教授 森戸 春彦
  • 助教 前田 健作
  • 助教 志賀 敬次

結晶成長物理が拓く人類社会の未来

エネルギー・環境問題は全人類が真剣に向き合って解 決策を見出さなければならない課題です。本部門では、 エネルギー材料の高品質結晶成長技術の開発に取り組ん でいます。

液相からの結晶成長過程で生じる現象を基礎的に解明 し、その学理に基づいた結晶成長技術の開発を行い、社 会に役立つ結晶材料を創出します。

  1. その場観察法の開発:固液界面の直接観察技術を独自 に開発しています。
  2. 融液成長メカニズムの解明:固液界面で生じる様々な 現象を基礎的に解明しています。あらゆる材料を研究 対象とし、融液成長の総合的な学理を構築します。
  3. 太陽電池用Si 多結晶インゴットの成長技術開発:実用 太陽電池で最も重要な材料であるSi 多結晶の高品質・ 高均質化を実現し、エネルギー・環境問題に貢献します。
  4. 新物質・新材料創製:金属フラックスを用いた独自の 結晶成長プロセスにより、新機能や高性能を示す新し い結晶材料を創製します。
結晶成長、その場観察、固液界面、太陽電池
その場観察装置とSi 多結晶の固液界面不安定化の様子

その場観察装置とSi 多結晶の固液界面不安定化の様子

太陽電池用インゴット成長装置とSi多結晶

太陽電池用インゴット成長装置とSi多結晶

Na フラックス法により作製したSi クラスレート

Na フラックス法により作製 したSi クラスレート

金研とは