附属研究施設・共同研究センター

附属新素材共同研究開発センター

Naoya MASAHASHI

センター長・教授正橋 直哉

梅津 理恵

教授梅津 理恵

  • 教授(兼) 高梨 弘毅
  • 教授(兼) 古原 忠
  • 教授(兼) 今野 豊彦
  • 教授(兼) 千葉 晶彦
  • 教授(兼) 杉山 和正
  • 教授(兼) 吉川 彰
  • 教授(兼) 加藤 秀実
  • 准教授 千星 聡
  • 准教授(兼) ベロスルドフ ロディオン
  • 助教 木村 雄太

Advanced Materials『夢』を形に……未来への架け橋

 新素材共同研究開発センターは、本所で見出された材料、プロセス技術、評価方法等が新素材開発のイノベー ションになることを目的に、1987年に新素材開発施設として開設され、その後、新素材設計開発施設、金属ガラス総合研究センターを経て、2013年に現在の名称に改称さ れました。本センターは社会基盤、エネルギー消費、環境 保全、情報材料、生体材料、環境浄化材料等の高機能材料の創製を目指すと共に、機能発現の機構解明や材料設計の指針構築等により材料科学を深めることを目指します。

材料創製、組織制御、材料解析、材料機能、共同研究
Cu-Ti系合金時効材で生成されるβ‘-Cu4Ti析出物相のHAADF-STEM像(a)およびEDS元素マッピング像: (b) Cu-K,  (c) Ti-K. EDSCu-Ti像では、赤がCu原子、緑がTi原子を表している.(秋田大学 斎藤嘉一教授との共同研究)

Cu-Ti系合金時効材で生成されるβ‘-Cu4Ti析出物相のHAADF-STEM像(a)およびEDS元素マッピング像: (b) Cu-K、(c) Ti-K. EDS像では、赤がCu原子、緑がTi原子を表している。(秋田大学 斎藤嘉一教授との共同研究)

Ti50.0-xNi40.0+xCu10.0合金の低温における構造相転移, (a) マルテンサイト変態挙動, (b) x=1.8の明視野像, (c) (ζζ0)の温度依存性

Ti50.0-xNi40.0+xCu10.0合金の低温における構造相転移、 (a) マルテンサイト変態挙動、(b) x=1.8の明視野像、(c) (ζζ0)の温度依存性

金研とは