附属研究施設・共同研究センター

附属新素材共同研究開発センター

TadashiFURUHARA

センター長・教授(兼)古原 忠

Naoya MASAHASHI

教授正橋 直哉

  • 教授(兼) 後藤 孝
  • 教授(兼) 高梨 弘毅
  • 教授(兼) 今野 豊彦
  • 教授(兼) 千葉 晶彦
  • 教授(兼) 杉山 和正
  • 教授(兼) 吉川 彰
  • 教授(兼) 加藤 秀実
  • 准教授 湯葢 邦夫
  • 准教授 梅津 理恵
  • 准教授 千星 聡
  • 准教授(兼) ベロスルドフ ロディオン
  • 特任准教授(研究)(兼) 且井 宏和 
  • 助教 吉年 規治
  • 助教 張 岩

Advanced Materials 『夢』を形に……未来への架け橋

当センターは本所を中心として生まれた新物質、新プロセス技術、新評価法等の芽の育成、21世紀の技術革新を支える 新素材開発を目的として1987年に新素材開発施設として開設され、その後、新素材設計開発施設、金属ガラス総合研究センターを経て、2013年に現在の名称に改称されました。当センターでは物質・材料を制御・合成する基本的原理や技術を確立し新物質・新材料を創製するとともに、これらのエネルギー材料、環境材料、構造材料、電子・情報材料、生体福祉材料等の高機能性、多機能性材料への応用の可能性を検討しています。

物質合成、組織制御、材料分析
フラックス法で育成された単結晶 (a) ITO (b) SmB6。

フラックス法で育成された単結晶 (a) ITO (b) SmB6

パルス圧力付加オリフィス噴射法(無容器凝固法)で作製した直径370 ミクロンのFe76Si9B10P5 金属ガラス球形単分散 粒子のSEM 観察像。

パルス圧力付加オリフィス噴射法(無容器凝固法)で作製した直径370 ミクロンのFe76Si9B10P金属ガラス球形単分散 粒子のSEM 観察像。

金研とは