研究部門 | 附属研究施設・共同研究センター | 研究センター | 研究支援組織 | 関連組織
材料プロセス・評価研究部
アクチノイド物質科学研究部門 アクチノイド化合物を含む重い電子系の物理
 アクチノイドあるいは希土類を含むf 電子系化合物は、比較的よく局在したf 電子と伝導電子が絡み合って織りなす強相関電子系の物理が舞台です。伝導電子の有効質量が通常の100 倍から1000 倍にも到達するため、重い電子系の物理と呼ばれています。電子間の強い相関によって、磁性と超伝導の共存・競合、多極子秩序、非フェルミ液体、量子臨界現象など多彩で魅惑的な物性物理の宝庫です。私たちの研究室では、世界でもまれなアクチノイド施設を利用して、アクチノイド・希土類化合物の純良単結晶育成および新物質開発を行っています。極低温、強磁場、超高圧の極限環境下での精密測定を通じて、新現象の発見、新しい物理の解明を目指しています。たとえば、私たちが発見したNpPd5Al2 は、ネプツニウム化合物で世界初の超伝導体です。国内はもちろんのこと国際的な共同研究も積極的に行っています。
青木 大 教授 教授
青木 大

准教授 本多 史憲

助教 李 徳新

助教 本間 佳哉


ネプツニウム化合物で初めての超伝導体NpPd5Al2

Fig. 1 ネプツニウム化合物で初めての超伝導体NpPd5Al2

チョクラルスキー法による強磁性超伝導体の純良単結晶育成

Fig. 2 チョクラルスキー法による強磁性超伝導体の純良単結晶育成

重い電子系超伝導体URu2Si2のドハース・ファンアルフェン振動

Fig. 3 重い電子系超伝導体URu2Si2 のドハース・ファンアルフェン振動