| 金研のアクティビティ | 研究成果 | 受賞 | 研究会・イベント | イベント等報告 | トピックス |
| 大型プロジェクト | 刊行物 | 報告書等 | 材料データベース |

研究会・イベント

2017年

ものづくり基礎講座第49回技術セミナー 『金属の魅力をみなおそう 第三編 観察・分析編 第1回 組織観察』
 私たちにとって金属は身近な素材ですが、金属そのものを勉強する機会はこれまでに必ずしも多くありませんでした。 東北大学金属材料研究所産学官広域連携センターでは金属を見つめなおす機会を、ものづくり企業の皆様に提供することで、今後の開発に役立ててもらうことを期待し、「金属の魅力をみなおそう」と題した講座を企画しています。第三弾は「観察・分析編」を計画し、今回は第1回「組織観察」を開講します。金属の組織とは何か、組織観察の意味は何か、観察手法にはどのようなものがあるのか、その実例と観察に関係するトピックスなどを紹介します。滅多にない企画ですので、皆様奮ってご参加ください。
日時

2017年3月29日(水)14:00 - 16:10

場所

クリエイションコア東大阪(大阪府東大阪市荒本北1丁目4番1号)[access: Google Map]

内容・詳細

プログラム [PDF: 213KB]

参加費 1500円(テキスト代)セミナー当日、受付にて現金でお支払い下さい。
申し込み方法 受講申込書 [Word:95KB] に必要事項をご記入の上、以下の申込先へFAX又は電子メールでお送り下さい。
申し込み・問い合わせ先

大阪府商工労働部ものづくり支援課

TEL:06-6748-1054/1055(直通) FAX:06-6745-1062 
E-mail: sangaku_attmk_gbox.pref.osaka.lg.jp(_attmk_ を@に変えてください)

平成28年度 東北大学金属材料研究所最終講義
日時 2017年 3月9日(木)14:0017:30
場所

東北大学金属材料研究所 2号館1階講堂 [MAP]

http://www.imr.tohoku.ac.jp/ja/access.html

対象 どなたでも参加可能
申し込み 事前申込不要
内容

プログラム [PDFファイル:365KB]

 

14:00-

 所長挨拶    所長 高梨 弘毅 

14:10-15:10

 講義「非平衡磁性材料の研究・開発と工業化」  

 超低損失ナノ結晶軟磁性材料研究開発センター 教授 牧野 彰宏

15:20-16:20

 講義「結晶世界の旅人: 不完全性迷宮の中で」  

 結晶欠陥物性学研究部門 教授 米永 一郎

16:30-17:30

 講義「計算材料科学から材料数理学へ」

 計算材料学センター  教授 毛利 哲夫

17:40-

 退職教員を囲むパーティー (於 2号館1階ラウンジ)

問い合わせ先 東北大学金属材料研究所総務課総務係
TEL:022-215-2181 FAX:022-215-2184
E-mail:imr-som_attmk_ imr.tohoku.ac.jp (_attmk_ を@に変えてください)
ものづくり基礎講座第48回技術セミナー 「金属ガラスに関する公開講座のご案内」
 金属ガラスは、結晶構造を持たないアモルファス金属の一種で、高強度(強く)、低ヤング率(しなやかで)、高耐食性(錆び難い)、優れた磁気特性(高透磁率、低保磁力)など、従来の結晶材料に比べて優れた高機能特性を示すと共に、ガラス遷移温度(組成により100~400℃程度)の温度領域で水飴のように大きな変形が可能なことから高精度・省エネ加工性を有する究極の金属として、多くの産業分野に応用が期待されています。本公開講座では、部材に金属ガラスを応用する際に重要となる疲労についての講義と、装置メーカーから急冷凝固プロセスへの取り組みをご紹介いただきます。また、金属ガラスの断面観察を身近な器具で始める方法について実習を通してご紹介いたします。皆様の多数のご来聴をお待ちしております。
日時

2017年3月3日 (金) 13:20 - 17:50

場所

兵庫県立工業技術センター本館2Fセミナー室3 [access]

内容・詳細

概要 [PDF: 498KB]

受講料 無料
申し込み方法 受講申込書 [Word:79KB] に必要事項をご記入の上、以下の申込先へFAX又は電子メールでお送り下さい。
申し込み・問い合わせ先

東北大学金属材料研究所 附属産学官広域連携センター(兵庫)

TEL:079-260-7209 FAX:079-260-7210 
E-mail:kouiki_hyogo_attmk_imr.tohoku.ac.jp (_attmk_ を@に変えてください)

東北大学金属材料研究所男女共同参画セミナー  「女性研究者に応援の気持ちを込めて」
 金研男女共同参画WGは、豊橋技術科学大学教授・ 学長補佐(男女共同参画担当)中野 裕美先生をお迎えし、 標記セミナーを開催します。
 当日は、中野先生より、研究者としての経験、キャリア形成と 出産・育児に関する話に加え、女性研究者の現状や、学会、 日本学術会議、大学等での最近の取組に関する話題を提供して 頂きます。 女性研究者が活躍するための環境、効果的な取り組みについて、 今一度、皆さんで考える機会を持ちませんか。
 ふるってご参加下さいますようお願いいたします。
日時 2017年2月1日(水)12:00-14:30
場所

本多記念館3階会議室(ランチミーティング)
東北大学金属材料研究所 2号館講堂(講演)[MAP]

詳細

12:00-12:50 ランチミーティング 本多記念館3階会議室

中野教授をお迎えして、気軽な意見・情報交換会を行います。

※昼食をご持参ください。

13:00-14:30 中野教授による講演及び質疑応答 2号館講堂

ポスター [PDF:498KB]

対象

どなたでも参加可

申込方法

1月30日(月)までに以下について総務課総務係までメールでお申し込み下さい。

1)氏名 2)所属・職業又は学年 等 3)ランチミーティング及び講演への参加の有無

問い合わせ先

東北大学金属材料研究所 総務課総務係
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
TEL:022-215-2181
E-mail:imr-som_attmk_ imr.tohoku.ac.jp (_attmk_ を@に変えてください)

計算材料学センターセミナーシリーズ「スパコンプロフェッショナルNo.6」 
 計算材料学センターでは、スパコンの応用事例を紹介すべく、金研で行われている研究テーマに近い話題を選んで、シリーズでセミナーを開催致しており、今回で6回目となります。
 結晶、磁性、表界面、欠陥、照射損傷、アモルファス、半導体、超伝導、強度等、広い分野から話題を選び、月に一回を目指してセミナーを開催してまいりたいと思います。又、このような話題を取り上げてほしいというご要望がありましたらお聞かせください。

日時 2017年2月6日(月)16:00~17:30
場所

東北大学金属材料研究所 2号館1階ラウンジ [MAP]

※場所の詳細は添付のポスターをご覧下さい。

詳細

講師:柿本浩一教授  (九州大学 応用力学研究所)
演題:「マルチスケールモデリングによる結晶成長の理解と制御」

詳細案内 [PDF:833KB]

申込

当日はお気軽にお立ち寄りください。

問い合わせ先

金属材料研究所計算材料学センター
022-215-2411
E-mail: ccms-course_attmk_imr.tohoku.ac.jp (_attmk_ を@に変えてください)
URL: http://www-lab.imr.tohoku.ac.jp/~ccms/Jpn/seminar/index.html

3rd Intensive Discussion on Growth of Nitride Semiconductors (IDGN-3)

Staring from the vapor-phase growth of GaN by H. P. Marcus and J. J. Tietjen in 1969, the research on nitride semiconductors has progressed with a focus on GaN. Nitride LEDs and LDs have been widely used as solid state lighting for energy saving and high-density recording such as Blu-ray, since blue LEDs became commercially available in 1996. Nitride transistors with high-frequency and high-power will come to realization in near future. Recently, nitride solar cells have been studied for covering over the whole range of solar spectrum. Thus, the device application has progressed in a variety of fields; however, the crystalline quality is still poor in comparison with conventional III-V semiconductors such as GaAs and InP. For the future development in high efficiency, long device-lifetime, and the expansion of application, it is indispensable to improve the crystalline quality and to control the crystal characteristics.

The purpose of the workshop is to analyze the status quo, find the direction to take in the future and the problems that need to be solved in the field of crystal growth of nitride semiconductors. To achieve this, the number of participants is limited to 50 persons including researchers from abroad, and the straightforward discussions are greatly encouraged among the selected professionals. Participants are expected to have common understandings in the current technologies and to find out the way to solve problems in the crystal growth. In the workshop, some selected topics will be presented at the beginning of each session, and the participants voluntarily present their data, which is followed by deep-and-intensive discussion. This style is not common but will bring us significant outcome. We are looking forward to seeing you all here in Heart of Northeast area of Japan, City of Sendai.

日時

2017年1月16日(月) - 2017年1月18日(水)

場所

東北大学金属材料研究所 2号館講堂 [MAP]

詳細

http://www.matsuoka-lab.imr.tohoku.ac.jp/?IDGN-3
プログラム [PDF:327KB] , タイムテーブル [PDF:35KB]
(プログラム、タイムテーブルに一部変更がございます(2017.1.12更新)

申込

事前にメールにて参加申し込みをお願いいたします。

E-mail: tanikawa_attmk_imr.tohoku.ac.jp (_attmk_ を@に変えてください)

参加費 20,000円(学生は無料)
問い合わせ先

電子材料物性学研究部門 谷川 智之

TEL: 022-215-2621

e-mail: tanikawa_attmk_imr.tohoku.ac.jp (_attmk_ を@に変えてください)

URL: http://www.matsuoka-lab.imr.tohoku.ac.jp/?IDGN-3

計算材料学センターセミナーシリーズ「スパコンプロフェッショナルNo.5」 
 計算材料学センターでは、スパコンの応用事例を紹介すべく、金研で行われて いる研究テーマに近い話題を選んで、シリーズでセミナーを開催致しており、 今回で5回目となります。
 結晶、磁性、表界面、欠陥、照射損傷、アモルファス、半導体、超伝導、強度等、 広い分野から話題を選び、月に一回を目指してセミナーを開催してまいりたい と思います。又、このような話題を取り上げてほしいというご要望がありまし たらお聞かせください。

日時 2017年 1月11日(水)13:30~15:00
場所

東北大学金属材料研究所 2号館1階ラウンジ [MAP]

※場所の詳細は添付のポスターをご覧下さい。

詳細

講師:金田千穂子先生  (株式会社富士通研究所)
演題:「企業における計算物質科学の適用事例 ~Si/SiO2界面形成プロセスのシミュレーションを中心に~」

詳細案内 [PDF:963KB]

申込

当日はお気軽にお立ち寄りください。
※資料準備の都合上、事前申込みをいただけますと幸いです。
メール ccms-course_attmk_imr.tohoku.ac.jp (_attmk_ を@に変えてください)

問い合わせ先

金属材料研究所計算材料学センター
022-215-2411
E-mail: ccms-course_attmk_imr.tohoku.ac.jp (_attmk_ を@に変えてください)
URL: http://www-lab.imr.tohoku.ac.jp/~ccms/Jpn/index.php