共同研究部門

最先端金属積層造形技術(JAMPT)共同研究部門

Akihiko CHIBA

教授(兼)千葉 晶彦

  • 准教授(兼) 山中 謙太
  • 助教(兼) 青柳 健大

最先端の金属積層造形技術と材料開発手法を日本のモノづくりへ

積層造形技術と積層造形に適した粉末の研究・開発に同時に取り組むことにより、造形品の最適化について研究します。具体的には、レーザー及び電子ビームを用いた積層造形における造形条件の最適化に資する基礎学理を探求し、プロセス分析と最適レシピの開発に取り組みます。また、プラズマ回転電極法による金属粉末の特性を学理解析し、粉末の開発・製造に取り組みます。大学の装置を利用し、千葉研究室の材料研究ノウハウの提供と協力により、解析・評価、及び積層造形に関するシミュレーション技術を開発すると共に、材料の解析・評価を行います。粉末開発・製造、最適な金属組織の探索・評価、更には最適な金属加工やトポロジー最適化を含む積層造形品の設計を試みる等、金属積層造形技術分野における総合的なソリューションの提供を目指します。

金属積層造形、PREP粉末、シミュレーション、材料開発

プラズマ回転電極(PREP)法によるガス空孔が少なく真球度の高い金属粉末

金属積層工法による金属造形品

PREP装置

金研とは