物質創製研究部

先端結晶工学研究部

Akira YOSHIKAWA

教授吉川 彰

  • 助教 山路 晃広

先駆的機能性結晶開発と先進センサーの具現化で未来を拓く

上流(材料設計)から下流(デバイス開発)までを垂直統合した産学連携体制により、新規機能性結晶の開発を行なっています。単結晶合成のみならず、光、放射線、圧力、熱等の外部からの刺激に対する応答の評価や、高精度な超音波計測技術による圧電性の評価を行い、速やかにフィードバックする形で結晶組成のスクリーニングを行ないます。優れた特性が見つかった際は、量産に適した引上げ法やブリッジマン法により高品質なバルク単結晶を作製します。これまで、乳癌診断用PET、ハンディータイプ放射線量モニタ、ガンマ線撮像カメラなどのシンチレータを開発・実用化させてきました。また、低消費電力型振動子用のランガサイト型圧電結晶の開発や点火プラグ用難加工性合金の形状制御といった結晶成長技術の開発にも取り組んでいます。

シンチレータ結晶、圧電単結晶、マイクロ引き下げ法、チョクラルスキー法、ブリッジマン法
半導体の電気特性に影響する金属汚染

(a) Ce:GAGG シンチレータ単結晶
(b) Ce:GAGG を搭載したガンマカメラ

(a) SrI2 搭載スペクトロメータ  (b) 高温耐性に優れたLa-GPS 結晶とその発光特性

(a) SrI2 搭載スペクトロメータ 
(b) 高温耐性に優れたLa-GPS 結晶とその発光特性

(a) CTGAS 圧電単結晶 (b) CTGS を搭載した振動子  (c) 振動子の周波数応答

(a) CTGAS 圧電単結晶 (b) CTGS を搭載した振動子  (c) 振動子の周波数応答

金研とは