附属研究施設・共同研究センター

強磁場超伝導材料研究センター

野尻 浩之 写

センター長・教授(兼)野尻 浩之

淡路 智

教授淡路 智

  • 教授(兼) 佐々木 孝彦
  • 准教授 木村 尚次郎
  • 准教授(兼) 野島 勉
  • 助教 高橋 弘紀
  • 助教岡田 達典
  • 助教(兼) 茂木 巖
  • 助教(兼) 中村 慎太郎

強磁場から生まれる新しい物質・材料のかたちを求めて

強磁場超伝導材料研究センターは、磁性体、超伝導体をはじめとした革新的な物質・材料の研究の拠点として活動しています。その中心的な設備として、世界的にも6カ所にしかないハイブリッド磁石とユニークな無冷媒超伝導磁石群および超伝導磁石群、強磁場環境下で物質・材料研究を行うための様々な実験装置を備え、内外のユーザーの共同利用に供しています。センターは1981年に、核融合炉のための超伝導材料研究の拠点として設置され、それ以来、日本における定常強磁場を利用した材料研究の拠点としての役割を果たしてきました。センターの研究としては、磁性体、超伝導体、半導体、合金等の振る舞いや特性を強磁場を用いて研究し、革新的な材料を開発するとともにその背後にある機構を解き明かす事を目指しています。さらには、長時間安定的に維持出来る超電導磁石の特性を生かして、材料のプロセスや結晶の成長などの分野にも取り組んでいます。

強磁場、超伝導、磁石技術、磁性、伝導
32 mm の内径に28 T の強磁場を発生する世界で唯一の無冷媒ハイブリッドマグネット

28T無冷媒ハイブリッドマグネット

32 mm の内径に28 T の強磁場を発生する世界で唯一の無冷媒ハイブリッドマグネット

高温超伝導体を用いて、超伝導だけで25T の強磁場を発生する無冷媒超伝導磁石。

25T無冷媒超伝導マグネット

高温超伝導体を用いて、超伝導だけで25T の強磁場を発生する無冷媒超伝導磁石。52mm の室温空間に無冷媒では世界最高の24.6T の磁場を発生する。

金研とは